年収300万円台で、海外挙式と国内挙式、ハネムーンを一気にかなえたナオのブログ

結婚を楽しもう

海外挙式

【実体験ブログ】20代の私がグアムのブルーアステールで挙式をした口コミ。費用や評判通りだったかも大公開

更新日:

グアムでの海外挙式の人気式場、ブルーアステール(Blue Aster)。

 

このキラキラした教会に惹かれたのは、私だけではないはず。

写真を見ているだけで、ワクワクが止まりませんよね。

 

私も昔から、「ハワイかグアムで挙式がしたい!」と、海外挙式に強いあこがれを抱いていました。

そんな時、「リゾート婚(海外ウエディング)」の情報雑誌を読み漁っていると、当時グアム1番の人気会場としてブルーアステールが載っていたんです。

(2006年末に開設されたばかりの会場で、比較的新しく、とってもきれいな教会です。)

 

一目見て、ダントツに光り輝いて見えました。

  • 海の目の前
  • 全面ガラス張り
  • できれば三角の形(教会のイメージ)

こんなこだわりがあった私の理想ぴったりで、

 

ここでどうしても挙式をしたい!

目が♥になって、来る日も来る日もブルーアステールの資料請求をしてみたり、ブログを読み漁ったのを覚えています。

 

実際妥協せずにブルーアステールで挙げたわけですが、結論から言うと、

本当に妥協しないでよかった!最高の思い出になった!

ということ。

 

「これからブルーアステールでの挙式を考えている」という花嫁さんもいるかと思います。

そこでこのブログでも、ブルーアステールの挙式での実体験レポを、たくさんの写真付きで口コミ紹介していきたいと思います(*^^*)

 

本当妥協しなくて良かった~~!!

ブルーアステールを所有しているプロデュース会社は、ワタベウエディング

旅行会社では、HISJTBも取り扱っています。

海外挙式の費用を、1円でも安くしたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

【実体験レポ】グアム海外挙式での費用全部見せ。100万円以内の結婚式ができる超具体的なコツをブログで紹介!【安くする方法も】

【実体験レポ】グアム海外挙式での費用全部見せ。100万円以内の結婚式ができる超具体的なコツをブログで紹介!【安くする方法も】

出典:ワタベウエディングHP ブルーアステール   ハワイに次いで2番目に人気のグアム挙式。 日本との時差が1時間ということや、ハワイに比べて、3~4時間のフライトで到着するので、 「参列者 ...

続きを見る

 

ブルーアステール挙式ブログ。ワタベウエディングでの流れと、口コミ

まずはグアムまでひとっ飛び☆

デルタ航空でビューンとグアムへ、ひとっ飛び。

 

前の日まで普通に仕事をしていた私たちは、仕事をしていて体が疲れているはずなのに、

これから始まるグアムでの挙式に、胸をワクワクさせていました。

ナオ
前日は全然寝れなかったな…。

 

到着は、式の前日でした。

ナオ
スケジュールは、1日休んでグアムに慣れてから⇒挙式がおすすめです。

でないと、飛行機疲れや旅行疲れで顔がパンパン(´;ω;`)

 

「日本語が通じなかったらどうしよう?」

「英語は聞き取れるかな?」

なんて不安もありましたが、(私たちはHISを通して予約しましたが)基本的に、

空港までのお出迎え~到着から~ホテル移動まで、日本語が分かるスタッフさんがすべて行ってくれます。

 

ナオ
ホテルは、ハイアットリージェンシーグアムに宿泊しましたが、そこでも日本語の分かるスタッフさんが対応!

初めから終わりまで、「言葉」の面で困ったことはありませんでした。

 

そして、着いたらそれで終わり…というわけでもなくて、ワタベウエディングの現地スタッフさんとに電話をかけなければいけません。

メモ

基本的に、動き方や連絡方法は、事前の打ち合わせ資料に書いてあるので、ここも迷いゼロ!

 

ホテルの電話を使って、当日の打ち合わせ時間を聞きます。

ナオ

「プルルル…」と電話がかかるとき、英語が全くダメな彼は、「外国人が出たらどうしよう…」とビビっていましたが、電話に出たのは日本人のスタッフさんでした。

(現地のワタベウエディングでは「日本人スタッフばかり」という話を聞いていたのですが、実際も日本人スタッフがすべて対応してくれてほっと一安心です(英語で、メイクの細かい指示なんか伝わらないですもんね💦))。

 

挙式当日のスケジュール確認など

私たちの式は14時からだったので、挙式当日の朝に店で打ち合わせをすることになっていました。

(午前中挙式の場合は、前日に打ち合わせになります。)

 

ここでも、私たちはホテルで待つのみ。

時間になったら、自動的にワタベの方が車で迎えに来てくださいましたよ。

(この時の車は、普通のバンでした(笑))

 

渡部の人に挨拶をして、いざ打ち合わせに出発!

車で送ってくださいましたが、「ハイアットリージェンシーグアム」と「ワタベウエディンググアム店」は、ホテルから歩いて行けるほどの距離でした(;^ω^)

 

ワタベウエディングの打ち合わせ場所は、「タモン・サンズ・プラザ(TUMON SANDS PLAZA)」という高級品がそろうショッピングセンターの中。

出典:ワタベウエディンググアム店 美容室サロンのご紹介

 

素敵なサロンにドキドキしながら入店すると、感じのいいスタッフさんたちが、明るい店内で私たちを迎え入れてくれました。

 

他にお客さんはおらず(被らないように配慮してくれている?)、静かな場所で当日スケジュールの打ち合わせや衣装合わせをします。

ここでは、挙式の進行、衣装についての注意点、撮影データについて説明がありました。

撮影データは意外に時間がかかり、「約1か月後にお届け」とのこと

国内の披露宴やパーティで流すことを予定している場合は注意しておいたほうが良いかもしれません。

 

意外に打ち合わせが早く終了したので、お仕度の時間までショッピングセンター内をウロウロ。

ショッピングセンターと言っても人はまばらで、1階にあったフリーWi-Fiスペースでくつろぎます。

出典:グアム政府観光局 タモンサンズプラザ

 

お仕度が始まりました

打ち合わせが終わると、新郎、新婦に別れて、いよいよお支度です。

美容室サロンにてヘアメイクをしてもらったあと、持ち込みのウエディングドレス、タキシードを着せてもらいます。

出典:ワタベウエディンググアム店 美容室サロンのご紹介

 

ただ、このヘアメイクがとっても心残りで…。

「日本人のスタッフさん」と聞いていたので、「日本人好みのメイクに仕上がるだろう」と思っていたのですが、実際はかなりハデハデな仕上がりに…。

その方は「現地で美容師として10年ほど働いていた」とおっしゃっていたので、海外メイクに慣れていたのかもしれません。

「シャドウは少しだけ青いラインを」とお願いしていたら、シャドウを塗りたくられて、「バブルの人!?」と思うようなメイクに仕上がってしまいました。

さすがにこのメイクで式に出るのは嫌だったので、時間のない中アイシャドウの色を変えてもらったのですが、時間が迫ります。

 

結局他のメイクは変えられませんでした…。

時間も押していて、少しせかされていたので、化粧直し用のリップを持っていくのを忘れる始末…(自分が悪いのですが)。

やっぱり出来上がった写真を見てみると、ハイライトビシバシの南国風のメイクで辛かった…。

「結婚式はこのぐらいが映えるのよ~」と言っていましたが、ちょっとやりすぎ…。

 

ただ、ヘアセットはイメージ写真を持って行っていたので、とっても素敵な髪形にしてくださいましたよ。

 

多分私の伝え方も悪かったと思うので、私みたいに後悔しないためにもメイクに関してもイメージ写真を持っていかれることをおすすめします。

また、私は肌が弱いので普段使っているメイク道具をお渡ししました。もしこだわりの道具がある場合は、お渡しすると、それでメイクしてくれますよ~!

 

 

気を取り直して、ウエディングドレスを着ます。

ヘアメイクをしっかりしてウエディングドレスを着るのは初めてだったので、めちゃくちゃテンションは上がります。

高いヒールを履いて、準備完了!

いよいよ新郎とのご対面です。

新郎はウエディングドレス姿に少し驚いているようでした(笑)。

心の中でガッツポーズ。

 

いよいよ、挙式会場に向けて出発

お仕度が完了すると、いよいよ店舗からブルーアステールに向かって出発します。

生まれて初めて乗るリムジンにテンションは上がりっぱなし。

狭いグアム。ものの5分ぐらいで教会についてしまいました…(笑)

 

でも、リッチなリゾートウエディング気分を味わえて大満足。

教会ではカメラさんが待っていてくださいました。教会の前からフォト撮影は始まります。

「もっと寄り添って~」

「こんなポーズして~」

「見つめあって~」

なんて、普段やらないようなポーズで写真が撮れてとっても新鮮。

 

二人っきりなので誰に気兼ねすることもありません。

↑棒立ちのめっちゃ普通の写真ですが、いろいろなバリエーションで撮ってくださいました。

 

会場に入ると、式の前に牧師さんから「誓いの言葉」付近の説明があります。

ぶっつけ本番なので、真剣に聞いて忘れないようにしないと。

 

そして、いよいよ会場入り!

下の写真はパンフレットでも何でもなく、当日の写真です。

真っ青な海が目の前には広がっていました。

 

事前に聞いていた通り、独立した挙式会場なので、ビーチに人は見当たりません。

ドキドキと興奮で、言われていたように歩くのですが、ウエディングドレスでは歩くのが難しく、なかなか前に進みません。

でも、海の方へ向かって一歩一歩、着実に歩んでいきます。

 

上壇に到着したら、牧師さんからのお話。そのあと二人で手を取り合い、誓いの言葉。

私はあなたを、健やかな時も、病めるときも、富めるときも、貧しきときも、生涯愛することを誓います。

この誓いの言葉は、結婚した今でも覚えています。

喧嘩して「もういやだ!」となったときも、この言葉を思い出し、「結婚式の時誓ったな。もう少し思いやりを持とう。」と思えるのです。

 

 

話はそれましたがその後、指輪交換の儀式、キャンドルの儀式、誓いのキス、結婚証明書にサインと続きます。

 

新郎から一言添えて10本のローズをいただくシーンもありました。

新郎からは普段聞けないような本音が聞けて、涙をこらえるのに必死でした。

 

そうこうしているうちに退場の時間に。式自体は15分ぐらいのあっさりとしたものでした。

 

時間があったので、その後ワタベウエディングのスタッフさんに式場で写真を撮ってもらったりしながら、ビーチ撮影へと向かいます。

 

始めは少し雲が暑かったのですが、少し待っていると晴れてきていい感じに。

自前のドレスなので、汚れることも気にせず、自由に動き回ることができましたよ。

ちなみに、現地の人が2,3人海に入っていたのですが、納品された写真では加工で消してくれていました(笑)。

 

日本では照れるポーズも、カメラマンさん(多分現地の外国人の方。日本語少し話せます。)が指示を出してくれるので、照れもなくなぜかこなせる不思議。

海外(リゾート)の雰囲気がそうさせているのでしょうか。

そのおかげで、棒立ちピースから脱却し、バリエーション豊富に撮ってもらうことができました。

 

気のすむまでビーチ撮影をしてもらった後は、二人でお食事会。

私たちが選んだのは「ベガ(VEGA)」という海の見える会場(挙式時間によって会場が異なります)。

こんな素敵な場所で、二人だけで豪華ディナーを堪能できることなんて、きっと一生のうちであるかないか…。

とっても、贅沢させてもらいました。

 

ブルーステールでの挙式感想まとめ

↑最後に帰ったホテルでパシャ。ホテルの方が荷物を部屋まで運んでくださったので助かりました(チップ少しだけ渡しました)。

 

ブルーアステールでの挙式の感想は…

 

 

ほんっとうーーーに最高でした。

きっと一生忘れられない。今でも戻りたいぐらいです(笑)。

 

始めは二人きりの挙式に少し不満もありましたが、挙式を終えたあとでは、「むしろ二人きりで気楽に楽しく過ごせたたかも」とまで思えてきました。

【↓私たちが二人で海外挙式をすることになった経緯はこちら】

海外挙式を二人だけでするのは寂しい?実際挙げた私が後悔していることとは?

 

プランナーさんも、とっても話しやすくて気さくな方で「またグアムに来たら一緒に飲みましょう!」と話をしてくれるほど。

でも、配慮は怠らない、とてもプロ意識の高い素敵な女性でした。

今思い出しても、「この方でよかった」と思えるほど大好きな方です。

 

メイクにだけは後悔はありますが、それを差し引いても、

ブルーアステールでの挙式は「120%大満足!

本当にブルーアステールにしてよかった。妥協しなくて良かった。」と心から思いました。

 

実は、その後私の友人も挙げたらしいんです。

海外挙式をする人が多くない中、ブルーアステールに決めたのは、それだけ惹かれるものがあったからなのでしょう。

 

ちなみに、ブルーアステールのプロデュース会社は、ワタベウエディングです。

もし相談に行かれるなら、ワタベウエディングかHIS、JTBの旅行会社ではないでしょうか。

ブライダルフェアは特典ももらえてお得でしたよ。

 

 

ブルーアステール挙式(+旅行代)でかかった費用は?

私たちは海外ウエディングを、HISを通して申し込みました。

当時、旅行と挙式のセットプランで、私と彼2人分の挙式費用は、896,520円でした。(見積もりにある1,141,820円は、14人分のパーティ代等が含まれている費用です。)

 

この見積もりには、ドレス、タキシードの持ち込費用が含まれています。(衣装代は含まれていません。)

ちなみにウエディングドレス、タキシードの費用は小物も含めて二人で15万円ほど。

 

【↓安いからと侮ることなかれ。目を疑う安さ。かつ上質なウエディングドレス。私もここで購入しました】

ウエディングドレスは購入で結婚式費用を賢く節約!大満足の格安かつ上質な店はココ!

 

 

衣装代を含めても、実質100万円ほどで海外挙式を成功させることができました

グアムの挙式代金は、二人だけの場合、だいたい119~255万円かかると言われていますが、約20万円ほど節約できた計算になります。

 

【↓節約方法を知りたい方はこちら♥】

私がグアムでかかった海外挙式の費用全部見せ。100万円以内の結婚式ができる超具体的なコツ

 

節約できたことにルンルンしながら、お支払いを済ませ、打ち合わせも完了!

あとは、当日を楽しむのみです。

 

ぜひ費用も節約して、最高の挙式にしてくださいね。

【↓どこの相談に行ったらいい?費用を最大限節約する方法】

海外挙式の費用が安い手配会社はどこ?実際見積もりをもらった私が詳しく比べます

 

【↓ちなみに、ここで着ているウエディングドレスは10万円。私が購入したお店】

ウエディングドレスは購入で結婚式費用を賢く節約!大満足の格安かつ上質な店はココ!

-海外挙式

Copyright© 結婚を楽しもう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.